不溶性の食物繊維が多く含まれる食品

不溶性食物繊維は、人間の腸の中に入ると水分を含んで膨張する働きをします。繊維が腸内で膨らむことで、整腸作用が働いて滞留している便を円滑に排出することができるのです。水溶性の食物繊維とは効能が違いますが、どちらもバランスよく摂取することが重要です。

ひじきやワカメには水溶性の食物繊維が実に多いのでありますが、大豆の皮の部分には不溶性食物繊維が特に多く含まれています。皮の部分は、豆腐を作るときに発生する副産物のおからとして利用できます。煮物などで一緒に調理することが多いひじきとおからを同時に食べれば、不溶性と水溶性の食物繊維を2種類とも摂取できるのです。呉汁にワカメを入れて食べても同様であり、調理法の工夫によって健康効果を増大することができます。

ひじきなどの海藻類からペクチンを摂取して血糖値やコレステロールの上昇を抑えて、豆乳の絞りかすとなるおからを食べて整腸作用を促進することは、生活習慣病を予防するためにも大いに役立つものであります。これらの食材の脂肪分はわずかで、タンパク質やミネラルも豊富です。肥満の症状がひどい場合や、便秘で困っているときには積極的に食べるようにして、胃腸の調子を整えることが有効です。

 

コメントは受け付けていません。